プロペシアやリアップの育毛効果は遺伝ハゲに勝てるのか?

2018/04/09

どうしても避けられない遺伝による薄毛・抜け毛とは

ハゲは遺伝すると良く言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
父親がハゲていると自分ハゲることがありますが、両親はフサフサの髪なのにハゲている人も少なくありません。
ここでは、遺伝や隔世遺伝とハゲの問題を見てみます。

 

ハゲと遺伝

ハゲは遺伝すると良く言われていますが、確かに遺伝している人もいますが、すべてのケースに当てはまるわけではありません。
前述のように、両親はフサフサなのに子供はハゲていることもあります。
そのため父親はハゲでてはないけど祖父がハゲている、いわゆる隔世遺伝が原因だという説もあります。
ハゲになる原因は様々ですが、たとえそれが遺伝や隔世遺伝であっても、ハゲるシステムが分かれば対策も可能です。

ハゲは遺伝、隔世遺伝が原因と言われていますが、結論からいうとハゲそのものが遺伝するわけではありません。
ハゲやすい体質がそのまま遺伝しているのです。
ハゲの原因として良く挙げられる隔世遺伝ですが、隔世遺伝は劣勢遺伝子の形質を言います。

劣勢遺伝子と比べて優性遺伝子の方が優位になっているため、子供に劣勢遺伝子の形質が現れることはありません。
しかし両親が親の劣勢遺伝子を持っている時は、子供には1/4の確率によって劣勢遺伝子が現れやすくなります。
このように両親には劣勢遺伝子は発現していないのに、世代を超えて遺伝したように見える遺伝が隔世遺伝です。

 

ハゲと隔世遺伝

隔世遺伝でハゲると言われていますが、どうしてそのように言われているのでしょうか?
それは、医学的な部分が影響しています。
遺伝子は世代に関係なくて伝えられますので、遠い先祖の遺伝子を子供が受け継ぐこともあります。
ハゲを誘発する遺伝子には次のようなものがあります。

まず母親からの遺伝です。

AGAは男性ホルモンの量で決まるのではなく、ジヒドロテストステロンに変化させる受容体によって決まります。
その受容体はX染色体から遺伝されますので、母親から遺伝することになります。
母親は女性ですのでAGAを発症することはありませんが、子供が男の子で遺伝子を引き継いだ時はAGAになる可能性が高まります。
母方の祖父がハゲている時は、その遺伝子を持つ可能性が高いです。

次に父親からの遺伝です。

男性ホルモンをヒドロテストステロンに変化させる、5α-リダクターゼは父親からも遺伝します。
そのため、父親の遺伝子も関係してきます。

次に生活習慣からです。

食べ物の好みや生活習慣が親子で似ていると、ハゲやすい性質を遺伝することがあります。
さらに皮膚疾患、アトピー性皮膚炎なども受け継がれることが多く、そのような皮膚トラブルが原因でハゲることもあります。
このように隔世遺伝でもハゲル可能性がありますが、必ずハゲるわけではありません。

隔世遺伝でハゲやすい人

隔世遺伝で必ずハゲるわけではありませんが、次の人はハゲやすいと言われています。
まず頭皮の状態が悪い人で、皮脂の分泌が多かったり、乾燥肌だったりすると、髪の毛の成長が妨げられます。
その結果、ハゲやすい状態になります。

次はストレスを受けやすい人です。

ストレスが原因によって発症する病気はたくさんありますが、血行不良などが原因で抜け毛につながる可能性もあります。
そして栄養が偏っている人も要注意です。
食生活の偏りにより、ハゲやすい体質に変わることもあります。
ハゲは遺伝するとよく言われていますが、ハゲがそのまま遺伝するのではなく、ハゲやすい体質が遺伝します。
そのためハゲる原因が分かれば、抜け毛や薄毛の対処ができます。

 

 

 

 

抜け毛や薄毛で悩んでいる人も多いと思いますが、発毛、育毛に効果がある育毛剤があります。
それがリアップです。
リアップはテレビのコマーシャルでもおなじみですので、ご存知の方も多いことでしょう。
ここでは、発毛、育毛に絶大な威力を発揮してくれる、リアップの効果を紹介します。

リアップの効果について

発毛、育毛に効果のあるリアップ、テレビのCMでもおなじみです。
リアップは、発毛に効果がある育毛剤として人気があります。
確かにテレビや新聞広告などでは良く見かけますが、リアップの実際の効果について以外と知られていないようです。
リアップは発毛、薄毛に効果があります。

ドラッグストアなどでも多くの育毛剤が販売されていますが、リアップはそのような育毛剤とは異なり、日本で唯一効果の高い育毛剤として認められています。
その理由は、リアップに含まれている成分に秘密があります。
リアップには発毛効果の高い成分である、ミノキシジルが配合されています。

ミノキシジルは発毛効果のある成分として知られており、厚生労働省やアメリカ食品医薬品局でも認可されています。
この発毛成分である、ミノキシジルが含まれていることが大きな秘密と言えます。
これが、リアップが他の育毛剤とは異なる理由です。

ミノキシジルには、血管拡張、血行促進効果があり、頭皮の血行を良くしてくれます。
血流が悪く、今まで良質な栄養や酸素が行き渡らずに萎縮した状態の毛包を、大きく成長させてくれます。
毛包が大きく成長することで、発毛が促進されます。
リアップに含まれているミノキシジルが、発毛に大きくかかわっているのです。

 

抜け毛予防と育毛効果

リアップには発毛促進効果がありますが、それ以外に抜け毛の進行の抑制や防止の効果もあります。
ミノキシジルには血管拡張作用がありますの、たとえ現在薄毛の状態でなくても、将来不安な方にも使用価値があります。
しかしミノキシジルの効果は濃度によって差がありますので、自分の症状に合った製品を選択する必要があります。
現在リアップには、「ミノキシジル濃度5%のリアップX5」、「濃度1%のリアップジェット」、そして女性専用の「リアップリジェンヌ「の3種類が発売されています。
これら3種類のリアップから、自分に合った製品を選ぶ必要があります。

抜け毛や薄毛の症状は人によって変わりますので、実際に利用する際は専門医師に相談してみるといいでしょう。
一般的には、これから本格的な発毛、育毛を目指す人にはミノキシジル濃度が最も高いリアップX5を、また予防的な意味で使用するのであれば濃度の低い酢リアップジェットがオススメです。

 

購入しやすい製品です

リアップはインターネットで購入できます。
2013年の医薬品ネット販売解禁が施工されるまでは、薬剤師の説明を受けたあとでしか入手できませんでした。
しかし医薬品ネット販売解禁により、薬剤師常駐のサイトで事前チェックを受けることで、ネット購入も可能になりました。
リアップが以前よりも手軽に購入できるようなったことで、利用者も増えてきました。
一般的な育毛剤も多いですが、その多くは適量塗布などの曖昧な製品か多いです。

しかしリアップは違います。
リアップは特別なノズルシステムを使用しており、1回の塗布量を正確に計量できるのが特徴です。
これにより発毛効果も増します。
発毛、育毛に効果のあるリアップ、現在はインターネットでも購入できるようなりました。
多の育毛剤と比べて発毛効果が高いので、ぜひ一度お試しください。

おすすめ!育毛剤を使ってみて 

べたつかない、ふわふわ、髪の毛太くなった。

 

プロペシアなど発毛の薬の基礎知識

髪が薄くなりはじめたら、やはり気にするようになりますよね。
実際に気になっているからこそ、このように調べて情報を集めているのではないでしょうか?
そこで、薄毛を少しでも改善しようと思っていたら、何を最初に考えるでしょうか?
やはり、少しでも早く髪の毛を伸ばすため、薄毛を改善するため、育毛剤の使用を検討するはずです。
しかし、そこで気になるのは、育毛剤はどうして効果があるのか?
そこではないかと思います。
実際に育毛剤を調べていると、プロペシアなどといった言葉が出てくるかもしれません。
ではプロペシアとは何なのか?
育毛剤の成分に含まれる薬について、説明していきます。

 

育毛剤にはどんな成分が入っているの?

育毛剤で髪の毛が生えるのは、その中にある成分の作用によるものです。
育毛剤の種類により、数々の成分が含まれています。
では、どうすれば髪の毛が生えるのでしょうか?
大きく分けて2つあります。

1. 血行促進

大前提となるのは血液です。
髪の毛の毛根には、毛細血管が流れています。
畑であれば土や水、肥料に該当します。
つまり、血液の中にある栄養を取り込んで、髪の毛が生えます。
しかし、毛細血管の血液の流れが悪くなると、髪の成長に影響が出ます。
長期間続くと植物が枯れたように、髪の毛の成長が止まってしまい、やがて抜けてしまいます。
水や栄養のない土では、植物が育たないのと一緒です。
育毛剤の成分には、毛細血管に流れる血液を増加させます。
結果として、髪の毛が生えるしくみになっています。

2. 男性ホルモンの抑制

男性ホルモンは、体毛を濃くする働きを持っています。
ところが、頭皮にかぎっては、逆に髪の毛の成長を阻害する働きも持ちあわせています。
ジヒドロテストステロンという男性ホルモンになります。
このホルモンが毛根に作用すると、髪の毛が細くなる、抜けるサイクルが早くなります。
結果として産毛上の毛に退行してしまいます。
そこで、育毛剤の成分には、ジヒドロテストステロンを抑制する成分が含まれています。

 

 

育毛剤の代表的な2つの成分

育毛剤で有名な商品名といったら、何を思い浮かべるでしょうか?
リアップやプロペシアなどが出てくるかもしれませんね。
実は、この名称は商品名で、成分名ではありません。
リアップに含まれる有効な成分は、ミノキシジルです。
そしてプロペシアに含まれる有効な成分は、フィナステリドです。
世の中には数多く育毛剤が販売されています。
しかし、一部を除いて多くの育毛剤には、

  • ミノキシジル
  • フィナステリド

この2つの成分が配合されています。

ミノキシジルのおもな効果

ミノキシジルのおもな効果は、血行促進になります。
薄毛の人の場合、頭皮に血行不良を引き起こしていることが多くあります。
そこで、ミノキシジルの入った育毛剤で、血行促進して髪の毛の成長を促します。

フィナステリドのおもな効果

おもに男性向けに効果のある成分です。
薄毛を引き起こす男性ホルモンである、ジヒドロテストステロンを抑制する効果があります。
いわゆる男性ホルモンによって、ブレーキのかかった状態を解除する働きがあります。

育毛剤の効果が出るまでの期間は?

薄毛の状態や体質により大きく異なります。
多くの方は、約3ヶ月後に何らかの効果を実感します。
そして、1年前後で薄毛の改善ができます。

育毛剤を使うのをやめるとどうなるの?

やはり元の状態に戻るため、薄毛が進行してしまいます。
いわゆるリバウンドの状態がやってきます。
つまり、継続して使うことが大切となります。
髪の毛がある程度生えたら、育毛剤を使用する頻度を下げてみて、薄毛にならないちょうどいいバランスを見つけてみましょう。

 

-フサフサ髪の育毛基礎知識